なぜ肌質派変わるのか?ポイントは保湿力

保湿クリームおすすめチェキ > 保湿クリーム > なぜ肌質派変わるのか?ポイントは保湿力

なぜ肌質派変わるのか?ポイントは保湿力

人間の肌は、年齢とともにその質が変化します。
子供と老人の肌が全く異質なのが、良い例です。
70歳の方が5歳と方と同じ肌であることはまずありませんし、反対に5歳の方の肌が極端な老肌になることもありません。
これは、子供の肌は、何のスキンケアを必要としない成分がびっちりと詰まっているからです。

その状態は役20歳まで続くことになります。
もちろんその間に肌に悪いこと(日焼け、ニキビの放ったらかし)などのことをすることで、そのごの肌は変わります。
子供と大人の肌の著しい変化は、保湿力にあります。CX_DG012
きれいな肌と言うのは、水分をたたえて、いつもはりのある状態を言いますが、その保湿力を子供の時が100とすると、40歳くらいでは半分以下になってしまうのです。

ということは、保湿力が低下することと比例して、保湿力アップのスキンケアが必要になります。
年とともに肌が乾燥するようになったという方が多いのですが、それは水分を保持できなくなった証拠です。
では、水分だけを補給したら良いというのではなく、水分を補給し、それに蓋をして、肌に浸透させるスキンケアをすることが必要になります。
それでも、子供の頃の肌質に返る事はありませんが、少なくとも乾燥肌防止になるでしょう。

また、保湿力はスキンケアばかりではなく、体内機能の変化にも直結しています。
ですから、スキンケアだけではなく、体の健康も常に考えることも同時に行う必要があります。
何もしていないと肌質は悪い方へと変わることになります。