乳液とどう違う?保湿クリームの効果&正しい使い方

保湿クリームおすすめチェキ > 保湿クリーム > 乳液とどう違う?保湿クリームの効果&正しい使い方

乳液とどう違う?保湿クリームの効果&正しい使い方

「化粧水も乳液も使っているのに、なかなか乾燥が収まらない」

そんな時の救世主となるのが“保湿クリーム”なのです!

でも、「化粧水も乳液もつけているのに、さらに保湿クリームまでつけるなんて、面倒…」

こう感じる方も多いのではないでしょうか?

これまでのスキンケアに1ステップ加えるのは手間もコストもかかってしまうのは確かです。

しかし、保湿クリームにはそんな手間やコストを差し引いても余りあるメリットがいっぱいなのです!

そこで、大人の女性なら絶対に保湿クリームを使いたくなる保湿美容の基礎知識を解説します。

基礎の基礎!保湿クリームを塗る意味って?

そもそも保湿クリームを塗るのにはどんな意味があるのでしょうか。

まずは、このことについて、保湿クリームを塗ることで得られる効果や、
ほかの化粧品との使い分けという点から詳しく見ていきましょう。

乳液と保湿クリーム、何が違うの?

乳液と保湿クリームは何が違うのでしょう。

保湿クリームは、化粧水と乳液の後につけるものです。

中には「乳液の保湿力を上げれば保湿クリームはいらないのでは?」

という方もいらっしゃると思います。

しかし、乳液と保湿クリームは“水分と油分のバランス”が全く違う化粧品なのです。
乳液は水分が多いため、いくら乳液の保湿力を上げても肌に必要な油分が足りることはありません。乳液だけでは保湿を十分にまかなえないのです。

保湿クリームとはどんなものかについて。

保湿クリームは、化粧水や乳液で肌に与えた水分が蒸発しないよう、クリームという油分で「フタ」をして閉じ込める役割があります。
また、保湿クリームに配合されている、さまざまな美容成分を肌に浸透させる役割もあります。

一方で、肌を保湿する化粧品には、乳液やオールインワンゲル、オイル、美容液があります。

これらの化粧品は保湿クリームとはどのような違いがあるのでしょうか。
それぞれの特徴を紹介しましょう。

乳液

保湿クリームより水分が多いのが乳液です。

ある程度の油分が含まれているので、昔は肌から水分が逃げることを防ぐ化粧品として使われていました。

しかし、油分の量は微々たるものなので、乳液だけでは保湿効果がそれほど大きくありません。上から保湿クリームでフタをしないと、保湿が実感できないのです。

オールインワンゲル

化粧水、乳液、クリーム、美容液などが1つになったのがオールインワンゲルです。
肌につけた時の伸びがとてもよく、潤いと透明感が出るような使い心地です。

しかし、オールインワンゲルには乳化剤が入っています。
そのため、肌に伸ばすと「カス」が出てしまうこともあります。
また、肌へのなじみ方は保湿クリームに比べると、いま一つになります。

オイル

基本的には、水分の蒸発を防ぐ「皮脂膜」の役割をします。

オイルには、さまざまな種類があります。
ホホバオイルなどは肌に浸透して保湿をする効果が期待できます。

基本的には乳液や保湿クリームを使って肌に必要な水分と油分を補い、
それでも油分が足りない場合に使うという化粧品になります。

美容液

高濃度な保湿成分や美白成分、アンチエイジング成分などが入った化粧品です。

油分はなく、トロッとした粘度があるテクスチャーで保湿成分などをそのまま肌に入れ込むことができます。化粧水などで入れ込んだ肌の水分を保持し、美容成分で肌の状態をさらによくしてくれます。

保湿クリームで得られる効果って?

化粧水や乳液をつけても肌が乾燥する人は、乳液の水分が蒸発してしまっているか、乳液による水分のカバーが足りていないことが原因に考えられます。

このような時は、ある程度、乳液の保湿力を高めても、乳液の水分が飛んでしまうと肌は乾燥します。その場合には、油分が多いクリームをつけることで、肌の水分を保持することができます。さらにクリームの美容成分も肌に浸透させられるのです。

3ステップも面倒…という人は

仮に、10代や20代前半の女性なら、代謝がよく皮脂量もあるので乳液でも十分でしょう。

しかし、20代後半以降の人や乳液をつけても乾燥を感じる人、肌の乾燥が気になる人は、肌が水分を保持する力が弱まっています。だから水分を肌に閉じ込めるクリームは“必要不可欠”になります。

もし、化粧水、乳液、クリームの3ステップが面倒な人は「化粧水の後にすぐクリーム」でも大丈夫です。その場合には化粧水を多めにつけて、クリームで水分を閉じ込めましょう。

肌が見違える!保湿クリームの使い方

では、どのような使い方をすれば保湿クリームで最大限の効果を得られるのでしょうか?

ここでは肌が喜ぶ保湿クリームの使い方を紹介します。
このポイントを頭に入れておけば、きっと肌が見違えます。

保湿クリームを塗るタイミングって?

まずは保湿クリームを塗るタイミングです。
ベストなタイミングは、「化粧前」と「洗顔後」になります。

・化粧前
「化粧のノリ」をUPさせる効果があります。
クリームを塗った後は、ティッシュで余分な油分を取りましょう。化粧崩れの防止になります。

・洗顔後
化粧水(と乳液)を塗ってまだ水分で潤っている状態の肌にクリームでフタをするようにつけます。
化粧水を塗った直後から肌はどんどん乾燥していきます。クリームで乾燥を防止するのです。

美容液と使う時は?

美容液を使う時は、洗顔後で「化粧水をつけた後に」つけましょう。

化粧水で水分を美容液で肌に必要な栄養を入れた後、保湿クリームの油分でしっかりとフタをしてください。

薬を塗る時は?

皮膚科などで処方される塗り薬は、化粧水の前だったり後だったり、薬だけ塗ったりとタイミングがバラバラです。

ただ、基本的には、「洗顔後」に塗り薬を塗りましょう。
効果が出て欲しい順に塗るというのがポイントです。

肌の乾燥が特に気になる方は、化粧水を先につけても大丈夫です。その上から塗り薬を重ねましょう。

注意したいのはコッテリしたとろみのある化粧水は、うまく肌に留まらず塗り薬が流れてしまう可能性があることです。化粧水を先につけてから薬を塗る場合にはサラサラした化粧水を選びましょう。

ベタベタストレスなしで塗るポイント3つ

「保湿クリームが肌に必要なことはわかるけど、ベタベタするのが嫌!」という方も多いと思います。

実は、保湿クリームは塗るポイントを押さえれば、ベタベタ感を感じることなく塗れるのです!

1.化粧水はたっぷりと

クリームを塗るとベタつきを感じてしまうのは、乾いた状態の肌に塗っているからです。

乾燥した肌は「乾いたスポンジ」と同じです。
水や油分を弾いてしまい、肌に浸透することなく表面にとどまってしまうのです。

そのため、洗顔後の化粧水は“たっぷりとつける”のがポイントです。
化粧水などの水分を肌に浸透させれば、保湿クリームの成分が入りやすくなり、ベタつきも感じません。

2.数回に分けて塗る

しっかりと保湿をしたいために、1度に大量の保湿クリームを塗ると、なかなか肌には浸透しません。

うまく塗るコツは、“2~3回に分けて塗る”ということです、

保湿クリームを重ねづけする時に、インターバルを設けるのです。
1度に大量のクリームを塗るよりも肌への浸透が断然よくなります。

3.首やデコルテにも

栄養や保湿成分がたっぷりと入った保湿クリームはスキンケアはもちろん、それ以外のお手入れにも使えます。

顔に伸ばし終わって、手のひらに残ったクリームを首やデコルテにつければ、
“首のシワやたるみのケア”にもなるのです。

実は、首やデコルテの皮膚の薄さは顔と同じ位です。
だから保湿クリームはとても有効なのです。
スキンケアのついでに、首やデコルテもケアしましょう!

保湿クリームは乾燥肌の救世主!

肌が乾燥しがちな方は、保湿クリームでしっかりと肌に水分と栄養を閉じ込めることが大切です。

そして、そのための保湿クリームはつけるタイミングやポイント次第で、“大きな美容効果”をもたらしてくれます。

自分の肌タイプを知った上で、保湿クリームをうまく使って適切なケアをしましょう。

肌は適切なお手入れをすれば、必ず答えてくれます。将来の自分のためにも保湿ケアも楽しみましょう!